スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8話 ~夢うつつ~

☆応援ワンクリックのご協力をよろしくお願いします!
  ↓     ↓

人気ブログランキングへ


4人は音楽が聴きたくなったので
コンサートホールへ行くことにした。

すぐに移動することはできるけれど
4人でいろいろと会話をしたいので
ゆっくりと歩いて向かった。

コンサートホールまでの道のりは
アスファルトやコンクリートでできているような
固い殺風景な道ではなくて

淡い虹色のパステルカラーで
高級ジュータンのようなふかふかした道を
すべるようにして歩いていた。

また、道には車やバイクのように
注意を払わなければならないような
危険なものはまったくなかった。

歩きながらかのこは
ふと自分の意識に気を向けてみると
胸がキューンとするような温かさを感じ
今の自分の幸せな気分を実感していた。

そして次の瞬間
かのこは我に返って考えた。

「なんで歩いているのに
まるで宙を浮いているように軽くて
まったく疲れないんだろう?」

「どうして電柱がないの?
壁もビルもマンションもない…?」

「どうしてこんなにきれいな色をしていて
排気ガスの匂いもなく
空気もさわやかで気持ちいいの?」

「すれ違う人はみんな幸せそうな人ばかり。

疲れた顔をしたりつらそうな顔をしたり
怖い目つきをしたり苦しそうにネクタイを締めていたり
悲しそうな顔をしたり忙しそうにしたり・・・

いつも街にあふれているそんな大人たちは
みんなどこに行ってしまったの…!?」

「ところで私は今どこにいるの?」

「どうして私はこんなに幸せを感じているの~・・・???」

気がつくとかのこはベッドの上に寝ていた。
なんだかわからなくなったので
しばらくボーっとして天井を見ていた。

やっと昨日の夢の続きを見ていたことに気づいたが
かのこにとって夢というよりは
とてもリアルで心地良い現実世界に感じていた。


☆応援ワンクリックのご協力をよろしくお願いします!
 ↓    ↓

人気ブログランキングへ

☆くるみ あんずのもう1つのニックネーム‘タエヌ’のブログ
 ↓    ↓
「タエヌのスピリチュアル日記」

CIMG0541+(3)_convert_20120716075237.jpg






スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

カテゴリ
プロフィール

くるみ あんず

Author:くるみ あんず
アセンションに向けて、前向きにスピリチュアルライフを歩んでいる主人公の長女「かのこ」とその母「加奈」を中心にした物語で、自作小説です。

作者のくるみ あんずは、実際にも4人の子どもを育てている父親です。我が子4人の中で、クリスタルチルドレンの色合いの濃い次女をモデルにしたのが主人公の「かのこ」です。

作者のもう1つのニックネームは‘タエヌ’と申します。ブログやホームページの運営も行っています。
  ↓  ↓
☆HP「アセンションスペースシューリエ」

☆ブログ「タエヌのスピリチュアル日記」

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。