スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第43話 レイキヒーリング

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いします!》
 ↓    ↓

人気ブログランキングへ

ゆかりの家に着く500mほど手前で
美世が抱っこしてほしいとせがんだので

ゆかりは美世を抱きかかえながら
やさしく体をタッピングしながら帰宅した。

どうやら美世は眠くなっていたらしく
このわずか10分弱の間に
ゆかりの愛に包まれて安心して眠っていた。

美世をリビングルームの端に寝かせて
ゆかりはヒーリングを行う準備を始めた。

でも、準備とはいってもとても簡単で
リビングルームの中央に
椅子を1つ持ってきただけだった。

先ほど、帰宅途中に歩きながら
ヒーリングは寝て行っても椅子に座っても
どのような状態でも

リラックスさえしていれば
有効に行えることをゆかりが説明すると

加奈は椅子に座って行うことを希望したので
椅子を準備したのだった。

加奈が椅子に座ると
レイキヒーリングを受ける際の留意点に関して
ゆかりはいつもよりもゆったりとした口調で話し始めた。

「今からレイキヒーリングを始めるけれど
加奈さんはとにかくリラックスをして
ここに座っているだけでいいのよ。

できれば軽く目を閉じていたほうがいいけれど
目をあけていても大丈夫。

もし、どこかがかゆくなったらかいてもいいし
痛くなったり嫌な感じがしたりしたら
遠慮しないで言ってね。

心の中を無にする必要はないから
もし、いろいろな思考が湧き上がってきたとしても
そのまま受け止めて思考をめぐらせていても大丈夫よ。

とにかく、身も心もゆったりとリラックスをして
自然な感じでエネルギーを受け止めるようにしてくれればいいの。

そんな感じだけれど
何か質問はあるかしら?」

加奈はこれまでにヒーリングというものを
一度も受けた経験がなかったので
未知のことに対する緊張感はあったけれど

ゆかりを深く信頼しているので
気持ちの中では任せ切っていた。

「なんだかちょっと緊張しているけれど
とにかく私はリラックスしているだけでいいのよね。」
加奈は笑顔で答えた。

「では、今から私が両方の手のひらで
肩や頭の周辺を中心に
体に触れてレイキを送るね。」

そう言い終わると
ゆかりは両手をそっと加奈の肩の上に乗せた。

ゆかりの手のひらは
まるでカイロのようにとても温かくて
あっという間に肩や首周辺がほかほかしてきた。

そして、数分経った頃には
加奈はまるで上半身が温泉につかっているような心地良さを感じ
肩コリや背中の張りが緩和されていくように感じた。

なんだか急に眠気を感じた時
ゆかりの手のひらが右手でおでこに触れ
左手で後頭部に触れて頭部をはさむ形の
コズミックプラグと呼ばれるポジションに移った。

加奈はさらに温かさが全身にしみわたるように感じたが
頭の中や体の所々にある重い感じのエネルギーが
体のあちこちから外へ抜けていくような感じもしていた。

あまりの心地良さに
加奈はいつのまにか眠っていた。

実際は、ほんの数十秒ほどの眠りであったが
加奈がはっとして目覚めると
ゆかりの手のひらは同じポジションにあった。

とても長い時間眠ったような気がするほど
深く眠っていたように感じたので
ゆかりに聞いてみることにした。

「ねえ~。ゆかりさん。
今、お話してもいいのかしら~…」

「ええ、全然問題ないわよ~。」

そう聞いて加奈は安心して
ここまでの感想や眠ってしまったことを話し始めた。

ゆかりはレイキヒーリングを続けながら静かに答えた。

「加奈さんが眠ったことはわかっていたけれど
ほんの少しの時間だけだったのよ。

でも、レイキのエネルギーが浸透して
とても深い眠りをしたような安らぎを感じたのでしょうね~。

私も自己ヒーリングをしながら
眠ってしまうことがよくあるけれど

寝起きの時の心地良さは最高に感じるのよね!」

そう言い終わると
今度はまた手のひらを肩の上に置いた。

加奈は最初に肩に手のひらを乗せられたとき以上に
温かさと心地良さを感じた。

肩や背中がどんどんやわらかくなり
とろけていくように感じていた。

すると突然
背中の中央のあたりに少し痛みを感じた。

でも、数分経つとその痛みは和らぎ
さらにとろける感じと心地良さが伝わってきた。

あとになって加奈は
この時のことをゆかりに聞くと

肩や背中のコリが緩和していく過程で起きた
‘好転反応’と称されている現象で

肉体の状態がポジティブな状況へと変化する際に
一時的に起きた不調和だから
実際にはまったく問題はないと聞いて安心した。

この時のゆかりのレイキヒーリングは30分ほど行ったが
加奈はほんの10分くらいに感じていた。

加奈にとっては
深く安らぎ心地良い時間であったために
とても短く感じられたのであった。

≪「1日1回応援ワンクリック」のご協力をよろしくお願いします!≫
↓    ↓

人気ブログランキングへ

☆くるみ あんずのもう1つのニックネーム‘タエヌ’のブログ
 ↓    ↓
「タエヌのスピリチュアル日記」







スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

カテゴリ
プロフィール

くるみ あんず

Author:くるみ あんず
アセンションに向けて、前向きにスピリチュアルライフを歩んでいる主人公の長女「かのこ」とその母「加奈」を中心にした物語で、自作小説です。

作者のくるみ あんずは、実際にも4人の子どもを育てている父親です。我が子4人の中で、クリスタルチルドレンの色合いの濃い次女をモデルにしたのが主人公の「かのこ」です。

作者のもう1つのニックネームは‘タエヌ’と申します。ブログやホームページの運営も行っています。
  ↓  ↓
☆HP「アセンションスペースシューリエ」

☆ブログ「タエヌのスピリチュアル日記」

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。