スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第41話 加奈の歩む道

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いします!》
 ↓    ↓

人気ブログランキングへ

かのこは「トイレに行ってくる」
そう言って席を立ったことで
静寂した場が動いた。

戻ってきたかのこは
いつものかのこになっていて

「ママ~何かおやつな~い?」
と、お腹をすかした顔をして言った。

加奈は我に返って
おやつにと用意しておいた
クッキーを出した。

アップルミルクティーを入れて
かのこと一緒にクッキーを食べながら
加奈は心の中にわき上がってくる
大きなわくわく感を味わっていた。

「今の私にできることで
世のため人のため地球のため宇宙のために
何かもっとお役にたつことがしたい!」

かのこのスピリチュアルアドバイスによって
心の中にあった呪縛のようなものから解放された
とても清々しい感覚の中からわき上がってきたのである。

具体的に何をしようということまでは
この時点では浮かんでこなかったけど
このような意識は強くわき上がってわくわくしていた。

加奈がこのように
直感を顕在意識でしっかりと認識し
自らの顕在意識によって強く願うと

その願いは宇宙とつながり
今の世で現実的にできるような具体的なことを
インスピレーションで与えてくれることがある。

加奈のこのような願いは
魂向上のために必要なポジティブな願いであるために

守護霊様や守護の神仏などの
加奈の身近で守護してくれている
高次のスピリットからも

これまで以上に多くのインスピレーションが与えられ
受け取り認識しやすくなるのである。

その与えられたインスピレーションは
自らの顕在意識にわき上がり
自分の思考の中で即座に認識することができる場合もある。

しかし、もしその時点の顕在意識では
たとえ認識できなかったとしても

願い続けてさえいれば
必要に応じて顕在意識でしっかりと認識できる時が
必ずくると信頼することが大切である。

その願いが魂向上のため
地球や宇宙の発展のために必要なことであれば
守護の存在や宇宙からの計らいもあり

その人のその時点の状況に応じた
無理なくスムーズに行うことのできる
具体的に実践する状況へと導かれるはずであり

その中で具体的に成すべきことを
必然的に認識することができるのである。

本来歩むべき自分自身の道を歩んでいて
さらにポジティブな道を歩もうと思い
その願いが魂の願いと一致していれば

その人にとっての
魂向上のために必要な学びの場は

無理して切り開いたり
ネガティブに感じるようなことを
あえて乗り越えるようなことをしたりしなくても

高次の守護の存在も
宇宙も協力してくれるため
とてもスムーズに導かれるのである。

だからもし、強くポジティブな願いを抱いても
その時点で具体的に何をしたら良いのかがわからなかったり

3次元的な現象としては願いが叶う方向へと
進んでいないように感じたりしていたとしても

その願いが魂向上のために必要な願いであり
本来の自分自身が行うべき必要のあることであれば
願いが叶うことを信頼し続けることが最も大切なことになる。

そして、願いに対して不信の念や取り越し苦労を抱いて
波動を落とさないように心がけ

自分ができる目の前のことを
よりポジティブな気持ちで努めていけば
必ず道はスムーズに開かれているのである。

ただし、何もしないで願ってさえいれば良いわけではなく
イメージさえポジティブに広げていれば良いというわけでもない。

たとえば加奈のように
自分自身のやるべきことに加えて
家族のために主婦業全般をやりこなし

子どもたちや夫のために愛をめぐらせて
足元の実生活においてやるべき必要なことは行い
自他との調和を図りつつ実生活を送っているわけですから

実際上結果的にはすでに
自分のため人のため世のためにも
大きく貢献しているのである。

そして、さらに大きく愛をめぐらせながら
本来の自然な自分のわくわく感に従い
自分の道を歩み続けていれば

あるべき所に
あるべきものが用意され

あるべき時に
あるべきことが起こるのである。

≪「1日1回応援ワンクリック」のご協力をよろしくお願いします!≫
↓    ↓

人気ブログランキングへ

☆くるみ あんずのもう1つのニックネーム‘タエヌ’のブログ
 ↓    ↓
「タエヌのスピリチュアル日記」







スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

カテゴリ
プロフィール

くるみ あんず

Author:くるみ あんず
アセンションに向けて、前向きにスピリチュアルライフを歩んでいる主人公の長女「かのこ」とその母「加奈」を中心にした物語で、自作小説です。

作者のくるみ あんずは、実際にも4人の子どもを育てている父親です。我が子4人の中で、クリスタルチルドレンの色合いの濃い次女をモデルにしたのが主人公の「かのこ」です。

作者のもう1つのニックネームは‘タエヌ’と申します。ブログやホームページの運営も行っています。
  ↓  ↓
☆HP「アセンションスペースシューリエ」

☆ブログ「タエヌのスピリチュアル日記」

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。