スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第39話 自宅の鎮守神社

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いします!》
 ↓    ↓

人気ブログランキングへ

鳥居をくぐって境内に入る時
これまではお辞儀(礼)をしたことのなかったので
かのこもゆかりもなんだか少し恥ずかしいような感じがして
軽い感じの会釈をして境内に入った。

ご拝殿での2拝の時も同様に
小さいお辞儀を2回繰り返し
2拍手も小さな音で行い
手を合わせて心をこめてお祈りをした。

軽く目を閉じて神様への感謝の気持ちを表したり
祈願を心の中で唱えたりしているうちに
2人はとても清々しい気持ちになった。

お祈りを終えて1礼をするときは
2人とも自然な気持ちの中で
深々としたお辞儀(拝)をした。

気がつくと美世もかのこも
境内に落ちている
イチョウの葉やどんぐりを集めて喜んでいた。

ゆかりと加奈は顔を見合わせて
「来て良かったね~!」
そう言い合って目をウルウルさせていた。

参道横にある立札に書かれている
氷川神社に関しての説明書きを読み
加奈は驚いた。

主祭神の最初にスサノオノミコトと書かれていたが
加奈の母親の実家は島根県出雲市佐田町で

実家の近くには
スサノオノミコトの御魂をお祭りしている須佐神社があり

母親の実家に行くと
祖母と一緒によく参拝していたのだった。

祖母からはスサノオノミコトの話を
子どもの頃によく聞かされていたが

加奈はその話がとても好きだったし
須佐神社に参拝することも好きだったことを思い出した。

なんだかスサノオノミコトが
とても身近に感じられ
心の中が温かくなっていた。

これは後日になって
信頼している人に調べてもらってわかったことだが

この氷川神社はゆかりにとっても加奈にとっても
自宅の鎮守神社だった。

この氷川神社の大神様は
鎮守の大神様として強くご加護してくださっていることを
顕在意識では認識していなかったこととはいえ

この時はじめて鎮守神社を参拝したことで
神社のご神気の素晴らしさや
神様を敬うことの大切さを深く感じたのであった。

また、2人にとっては
近所に素晴らしい心の拠り所を発見した感じで
とても嬉しい気分になっていた。

帰る時に神社の境内を出るために鳥居をくぐる際
ゆかりと加奈は境内に向かって深々とお辞儀をして
小さな声で「ありがとうございました」と心をこめて唱えた。

ちなみに武蔵の国一ノ宮の氷川神社は
やはり同じく後日に調べてもらった結果
ゆかりと加奈の産土神社であることもわかった。

≪「1日1回応援ワンクリック」のご協力をよろしくお願いします!≫
↓    ↓

人気ブログランキングへ

☆くるみ あんずのもう1つのニックネーム‘タエヌ’のブログ
 ↓    ↓
「タエヌのスピリチュアル日記」







スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

カテゴリ
プロフィール

くるみ あんず

Author:くるみ あんず
アセンションに向けて、前向きにスピリチュアルライフを歩んでいる主人公の長女「かのこ」とその母「加奈」を中心にした物語で、自作小説です。

作者のくるみ あんずは、実際にも4人の子どもを育てている父親です。我が子4人の中で、クリスタルチルドレンの色合いの濃い次女をモデルにしたのが主人公の「かのこ」です。

作者のもう1つのニックネームは‘タエヌ’と申します。ブログやホームページの運営も行っています。
  ↓  ↓
☆HP「アセンションスペースシューリエ」

☆ブログ「タエヌのスピリチュアル日記」

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。