スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3話 ~集団登校~

☆応援ワンクリックのご協力をよろしくお願いします!
  ↓     ↓

人気ブログランキングへ


かのこの通う小学校では、
今年度に入ってから毎朝
地区ごとに児童が10~20人ほどの
集団で登校をするようになった。

集団で登校するに至った
学校の示す理由はいくつかあるようだが、

最も大きな理由は
不審者対策と交通安全のためとのことである。

昨年度までのかのこは
近くに住んでいる幼稚園の時から
ずっと同じクラスで仲良しだった
真美ちゃんと一緒に登校していた。

でも、地区が違うという理由から、
3年生になって集団登校をするようになると
一緒に登校することができなくなってしまった。

学校までの10分ほどの道のりを、
2年生までは真美ちゃんと一緒に歩くことで
とても短く感じていた。

学校に行ってからも同じクラスで一緒だったし、
休み時間もよく遊んでいた大の仲良しだった。

3年生になってクラス替えがあった時、
真美ちゃんは1組でかのこは3組になったので、
別々のクラスになってしまった。

クラスが分かれたことも寂しかったのに、
一緒に学校へ行くことも許してもらえなくなったので、
かのこは悲しくなって泣いたこともあった。

「学校では好きな友達と一緒にいにることや
好きな先生に教えてもらうことを、
どうして子どもが決めることができないのかな…?

そんなかのこに対して、
母の加奈はいつもこう言っていた。

「3年生になるとクラス替えがあるのは
いつものことだから仕方ないでしょ。

集団登校だって安全のためにと始めたことだから…
わがまま言ってないで我慢しなさい!」

ある時、かのこは
疑問に思っていることを聞いてみたことがあった。

「でも、かのこが1年生の時も2年生の時も、
学校へ行く時も帰る時も
お友達はだれも交通事故にあっていないし、

不審者を見かけたことも
だれかが危ないことをされたこともないんでしょ!?
それなのにどうして自由に登校できなの?

かのこも真美ちゃんも
ちゃんと交通安全してたのよ!」

加奈は当然のようにこう言った。

「もし交通事故が起きてからでは遅いでしょ!
もし不審者に危険なことをされてからでは遅いでしょ!

だから何も起きていないうちに安全にするために
集団登校したほうがいいに決まっているじゃない!

それに学校の先生が決めたことなんだから
良いことに決まっているじゃない!」

でも、かのこの心の中には
加奈の言葉は何一つ響いてこなかった。

「どうして仲良しの真美ちゃんと一緒に学校に通ったり
同じクラスで過ごしたりしたらいけないの?

何がわがままなの?
どうしてがまんしなくちゃいけないの?

どうしてママは私の思っていることを先生に言って、
真美ちゃんと学校へ一緒に行ったり
同じクラスで過ごしたりするように
変えようとさえしてくれないの?

集団登校をしているときに、
時々、先頭のお兄さんが
信号が変わる少し前に走って渡るから
何度も危ない思いをしたのに…

先生だって時々おかしなことを言ったり
おかしなこともすることがあったりするのに
なんで先生が言うことだから正しいってわかるの?」

かのこは、毎朝のようにこのようなことを考えていた。

「でも、ママに伝えたところで、
また同じことを言われて叱られるだけ…。」

そう心の中でつぶやいて
いつものように学校に向かうために今朝も家を出た。

かのこにとっての集団登校は、
苦痛がたくさんあった。

先頭を歩く6年生のお兄さんは
やたらと歩くのが早くて
みんな時々走って追いついていた。

かなこはのんびりとマイペースで歩きたいし
きれいな花を見つけたら立ち止まりたいし
空を見上げて雲の形を眺めたい時もある。

でも、集団登校はまるで軍隊の行列のように
一列棒状で歩くことが義務付けられていて

おしゃべりをしたり立ち止まったり
集団から離れたりしたら
お兄さんやお姉さんから怒られてしまう…。

かのこにとっては、
毎朝とても長い時間に感じる
大きな苦痛のひと時であった。


☆応援ワンクリックのご協力をよろしくお願いします!
 ↓    ↓

人気ブログランキングへ

☆くるみ あんずのもう1つのニックネーム‘タエヌ’のブログ
 ↓    ↓
「タエヌのスピリチュアル日記」






スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

カテゴリ
プロフィール

くるみ あんず

Author:くるみ あんず
アセンションに向けて、前向きにスピリチュアルライフを歩んでいる主人公の長女「かのこ」とその母「加奈」を中心にした物語で、自作小説です。

作者のくるみ あんずは、実際にも4人の子どもを育てている父親です。我が子4人の中で、クリスタルチルドレンの色合いの濃い次女をモデルにしたのが主人公の「かのこ」です。

作者のもう1つのニックネームは‘タエヌ’と申します。ブログやホームページの運営も行っています。
  ↓  ↓
☆HP「アセンションスペースシューリエ」

☆ブログ「タエヌのスピリチュアル日記」

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。