スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第36話 小さなラッキー話

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いします!》
 ↓    ↓

人気ブログランキングへ

「私が加奈さんから初めて
かのこちゃんの夢のお話を聞いた時から
だいたい3,4ヶ月くらい前に

何げなく立ち寄った本屋さんで
帆帆子さんの本に出会ったの♪

なぜだか本を手にした瞬間に
‘この本は私のために書かれた本’って感じて
迷うことなく買って読み始めたんだけれど

読みながら私も加奈さんみたいな感覚になって
何度も涙が出てくるくらいに感激したのよ~。

本当に素敵な本に出会ったって思って
幸せな気分になったことを

加奈さんのお話を聞きながら思い出して
またあらためて感謝の気持ちでいっぱいになっちゃった♪」
ゆかりは目をウルウルさせながら話を続けた。

「その後もポジティブな内容のスピ本を
何冊も読み進めていくうちに

私もやっぱり加奈さんみたいに
自分の中が一気に明るくなっていって
どんどん意識が変わっていく感覚が認識できたし

自分の中が明るくなるにつれて
周囲の人も出来事も
世の中のあらゆることの捉え方も

どんどんポジティブに変わっていることが
はっきりと認識できるようになってきたの。

それに、あらゆることをポジティブに感じようとしたり
自分の中のネガティブな情緒を感じると
ポジティブに変換しようと努めたりして

自分自身の意識の中でも
意図的に波動を下げないようにしつつ
波動を高めようとするように

なんだかナチュラルな感覚の中で
そうしようって意識しながら
スピ本で得た知識とか直感とかを活用して

よりポジティブにいられるように
意識的にも努めるようになってきたのよね~。」

加奈はゆかりの話のすべてに
体全体を使って大きく頷きながら
身を乗り出して聞いていた。

「さっき加奈さんも言ってたけれど
いわゆるそんなふうにスピリチュアルに目覚めてから
私にも‘ラッキー’って思えることが
目の前でたくさん起きるようになってきたのよ~。」

加奈は自分がその具体的なことを話そうとしてわくわくしていたのに
まだゆかりに対して話をしていなかったことを思い出した。

「そういえばさっきの話で
ゆかりさんにそのことを聞いてもらおうと思っていたんだけどね…」

そう話し始めた加奈とゆかりは
その後しばらくの間
いろいろな小さな‘ラッキー話’に花咲かせるのであった。

「失くした物が見つかった話」

「満車だった駐車場が到着したと同時に空いた話」

「強く願ったら天気が変わった話」

「かけようと思った人から電話がかかってきた話」

「理想通りに問題が解決した話」

などなどなどなど・・・

話しだしたら2人ともたくさんのラッキーを感じていて
話が止まらなくなっていた。

2人はわくわくしながら話を続け
ぐんぐんと波動は高まっていったが


そのポジティブなエネルギーを受けながら
同じリビングの中で遊んでいた
かのこと美世も心地良い気分になったようで

リビングに敷いてあるふかふかのジュータンの上で
ねんねごっこをしているうちに
美世だけすっかりと熟睡してしまった。

かのこは寝ている美世の体を
やさしくトントンしながら
いつしか2人の話に耳を傾けていた。

≪「1日1回応援ワンクリック」のご協力をよろしくお願いします!≫
↓    ↓

人気ブログランキングへ

☆くるみ あんずのもう1つのニックネーム‘タエヌ’のブログ
 ↓    ↓
「タエヌのスピリチュアル日記」







スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

カテゴリ
プロフィール

くるみ あんず

Author:くるみ あんず
アセンションに向けて、前向きにスピリチュアルライフを歩んでいる主人公の長女「かのこ」とその母「加奈」を中心にした物語で、自作小説です。

作者のくるみ あんずは、実際にも4人の子どもを育てている父親です。我が子4人の中で、クリスタルチルドレンの色合いの濃い次女をモデルにしたのが主人公の「かのこ」です。

作者のもう1つのニックネームは‘タエヌ’と申します。ブログやホームページの運営も行っています。
  ↓  ↓
☆HP「アセンションスペースシューリエ」

☆ブログ「タエヌのスピリチュアル日記」

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。