スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第33話 魂や前世からの縁 

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いします!》
 ↓    ↓

人気ブログランキングへ

今回マスターのもとに
こうして集まっていた10人の子どもたちは

クリスタルチルドレンとして識別させているような
ライトワーカーたちであった。

グループソウルの中では
この10人以外にも
同じ時期に地球上に転生した仲間もいるが

家族や周囲の人たちと
うまく調和が図れずにいるために
波動が不安定であったり下がったりしてしまい

ライトワーカーとしての使命が順調に進まず
10人のような意識の状況にまで
高まることができていないのであった。

グループソウルとしての
魂同士の波動の結びつきは強いので

アセンションを直前にした今の時期に
3次元の世の人として出会う機会がある場合には

お互いをサポートし合ったり
波動を高めあったりするために

何かしらの形で
それなりに関わりを深く持つ場合が多くある。

今の時期においては
魂における深いつながりを持っている者同士が

生前の約束による縁もあるし
3次元の世における必要に応じた縁もあるが

アセンションに向けて
自分自身の魂向上のためにも
人のため世のため地球のため宇宙のためにも

地球上に転生した目的やお役目を果たすためにも
どんどん結ばれてきているのである。

ちなみに加奈とかのこの関係は
グループソウルではないが

前世において何度も縁があり
直の前世でも縁があったために
お互いの魂を高めあうための続きの縁でもある。

300年ほど前の2人の直の前世では
かのこが弟で加奈は姉としての
歳の離れた姉弟の関係だった。

その前世における母は
かのこの幼い頃に亡くなっていた。

加奈はその母の代りになり
精一杯の愛情をささげてめんどうを見たり
その世を生き抜くためのあらゆる知恵を
教え続けていたりしていたのであった。

かのこが成長するにつれて
あらゆる才能を発揮し始め
神童として世に認められ始めた頃

加奈は病を患ってしまい
若くして亡くなったのであった。

前世における加奈の思いとしては
かのこのさらなる自立を果たすまでは
姉としてしっかりと見守ってあげたかったという思いがあり

かのこにおける前世の思いとしては
かのこが加奈から受けた恩を
3次元の世の地球人としての関係において
もっとたくさん返したいという思いがあった。

実際のカルマはそれだけではないが
それ以前にも何度か縁を深く結んでいた2人は

3次元の世のカルマをすべて清算するためにも
お互いの魂の向上のためにも
そして地球とともにアセンションするためにも

3次元の世の地球の最後である
大切なこの時期に

こうして家族として母子としての
親密な縁を結んだ関係になることを

生前に魂が選択して
お互いの魂同士が合意したのであった。

実際に今のアセンションを直前にした大切な時期に
地球上で家族として縁を結んでいる間柄においては

加奈とかのこのように過去世で深く縁を結んでいたり
魂同士の深いつながりをもっている場合がよくある。

そして、実際に子どもとして親を選び
胎児に魂が宿る際には

自分の魂が成長するために
もっともふさわしいと感じられる親や環境を

もともとからの魂同士の合意があってもなくても
最終的には子どもとして生まれてくる魂が
自らの意思において選択するのである。

≪「1日1回応援ワンクリック」のご協力をよろしくお願いします!≫
↓    ↓

人気ブログランキングへ

☆くるみ あんずのもう1つのニックネーム‘タエヌ’のブログ
 ↓    ↓
「タエヌのスピリチュアル日記」







スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

カテゴリ
プロフィール

くるみ あんず

Author:くるみ あんず
アセンションに向けて、前向きにスピリチュアルライフを歩んでいる主人公の長女「かのこ」とその母「加奈」を中心にした物語で、自作小説です。

作者のくるみ あんずは、実際にも4人の子どもを育てている父親です。我が子4人の中で、クリスタルチルドレンの色合いの濃い次女をモデルにしたのが主人公の「かのこ」です。

作者のもう1つのニックネームは‘タエヌ’と申します。ブログやホームページの運営も行っています。
  ↓  ↓
☆HP「アセンションスペースシューリエ」

☆ブログ「タエヌのスピリチュアル日記」

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。