スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15話 ~加奈のこと その2~

加奈の父親は証券会社に勤務していて
朝早く出勤してから夜遅くまで家には帰らず
日曜日は接待でゴルフをすることが多かったために
ほとんど家にはいなかった。

たまに家にいるときは
だらだらと寝転がっているか
威張りちらしているかのどちらかの状態が多くて

身の回りの世話から家事全般にわたって
母親をこきつかうようにしていた。

男尊女卑の固定観念が強い父であったために
女房が常に従順で亭主に尽くすことは
当然の義務であると思っていた。

そんな父の前にいる時の母親を見ていて
あまりにもかわいそうに思えたから
加奈がかのこと同じような歳の頃に
母親に聞いたことがあった。

「どうしてお父さんに自分の言いたいことを言わないの?」

「いつも威張ってばかりいるお父さんのどこを愛しているの?」

「お母さんにだってやりたいことがあるんでしょう。
舞踊とか陶芸とかを習いたいって言ってたじゃない。
どうして自分の楽しみをやらないの?」

母親は淡々とした表情でこう答えた。

「女はこれでいいの。
女房となったら亭主に対して尽くすものなのよ。
女は男に対して逆らってはいけないものなの。

前に一度お父さんに
舞踊を習いたいって聞いたことがあったけれど…

‘おまえは俺の留守の間に家を守り
家事をこなして亭主の帰りを待ち
帰ってきた亭主に対して最善を尽くす。

ただそれだけでいいんだよ。

外に出て習い事などしたら
そのために家のことがおろそかになる。

疲れてしまったら
俺に対して十分に尽くせなくなる。

だから俺の女房である間は許さん。‘

そう言われたからしょうがないんだよ。
だから私はあきらめたんだよ。」

ちょっとうつむきながらも
淡々とした表情で加奈の母親は話をしてくれた。

この時、幼い加奈は不思議に思ったことを
今でもはっきりと覚えている。

そんな両親のもとで素直に育ってきた加奈は
母親から受けた大きな愛情とともに
母親の生き方までもいつのまにか受け入れていた。

加奈はそんな父親も母親も
とても愛していた。
(母親と同じように父親のことも愛そうと努めていた…)

世間の家族もだいたいこんな感じの状況が
普通であるだろうとも思っていた。

だから小学校5年生の頃までの加奈は
学校でも家庭でもわがままのようなことは言わず
控え目でおとなしくてまじめないい子でいた。

でも本当はやりたいことが心の中にあふれていて
ちょっとはじけちゃうような快活さも持ち合わせていた。

そんな加奈が6年生になったときの
学級担任の若い男の教師がとても好きになり

その教師と友達の前では
本当の加奈の姿を出せるようになっていた。

そしていつしか父親以外の家族の中では
自分らしく過ごせるようになってきてはいたが

父親の前では相変わらず母とともに
自分を出さずに従順でいた。

ある時、母親はそんな加奈をみていて
次のようなことを話したことがあった。

「加奈はお母さんと違って
自分をストレートに表現できる
勇気のある賢くて明るい子。

だからお母さんのような生き方を見習わないで
もっと楽しく自分らしく生きなさい!」

あの時の母親の言葉と優しい笑顔を
今でも時々思い出すことがあった。

そして加奈は
久しぶりにそんな両親のことや
自分の子どもの頃を思い出していて

焼肉屋へ向かう車の中では
ずっと無言のまま
自分自身の思い出の世界に入り込んでいた。

加奈が自分らしくいられたのは
結婚して間もない頃までだっただろうとも
自分自身の半生を振り返って感じた。

お付き合いしていた時の正登と
結婚して一緒に暮らすようになってからの正登は
別人とも思えるほど冷たく感じることが多くあった。

正登が自分の父親のように
男尊女卑的な固定観念を強く持ち

教師でありながらも
子どもたちを蔑むように捉えることが多々あることを

結婚して共同生活を始めるようになってから
加奈はあらためて知ったのである。

その中で加奈の選択してきたことは
自分の母親のように
自分を押し殺して従順になることによって
正登との間に不和を生じないようにすること。

夫婦間も家族の仲も
表面的に安泰にみえる状況を
作り上げることであった…。

ここまで思いをめぐらせたところで
ふと我に返った加奈は

自分の両親のように極端ではないにせよ
かのこから見た今の自分は

私が自分の両親に対して幼い頃に感じていたことと
同じようなことを感じているのだろうなあと思いハッとした。

家族4人の乗った車は焼肉屋に到着した。

加奈は小さなため息をついて車を降りようとすると
かのこが優しいまなざしで見つめてくれていることを感じた。

車を降りてから早足で店の入口へと向かう
正登と翔太からは距離をあけて
二人は手をつないでゆっくりと歩いていた。


☆《1日1回応援ワンクリック》のご協力をよろしくお願いします!☆
  ↓   ↓

人気ブログランキングへ

☆くるみ あんずのもう1つのニックネーム‘タエヌ’のブログ
 ↓    ↓
「タエヌのスピリチュアル日記」







スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

第14話 ~家族で学び合ったこと~

《1日1回応援ワンクリックのご協力をどうぞよろしくお願いします!》
 ↓    ↓

人気ブログランキングへ


しばらく時間をおいて
外出する支度を済ませた加奈は
ノックをしてかのこの部屋の中に入った。

かのこは出かける準備を終えていて
大好きな魚の図鑑を見ていた。

加奈はかのこに対して
なんて話かけようかと迷っていると

「ママ~。焼肉屋さんのお子様セットについてくるおまけ
今日は何だろうね~?楽しみだな~!!」
かのこは笑顔で加奈に話しかけてきた。

「この前みたいに
お魚のシールだったらいいな~!」
さらに笑顔で話し続けたかのこを見て
加奈はホッと一息ついて安心した。

4人は車に乗って出発した。

運転は正登で助手席には翔太が座り
加奈とかのこは後部座席で
ペッたりと寄り添うようにして座っていた。

正登はかのこの様子が気になっていた。

もう30分ほど経つのに
あの時かのこの頭を叩いた手は
まだ少ししびれていて

ネガティブな感触がはっきりと残っていた。

かのこの悔しそうなやりきれない顔も
目に焼き付いて離れなかった。

車の中は5分ほど沈黙が続いていたが
業を煮やした正登は
かのこにそっと話しかけた。

「かのこは焼肉屋でもいいのか~?」

かのこはすぐに弾む声で答えた。

「うん。いいよ~。
だってお子様セットのおまけが楽しみなんだもん!」

それを聞いた正登はとても安心した。

「子どもって…女なんて…
そんなもんなんだな~。」

「嫌なことはすぐに忘れちゃうなんて
おもしろいやつらだな~」
と思って蔑んで捉えた。

「父親としての威厳を持つことは大事なんだな~」
とも思った。

しかし、真実はこうである。

実際に経験してきたことすべては
意識の中ではしっかりと記憶している。

たとえ表面的な意識では忘れたつもりでいても
潜在意識や魂はしっかりと記憶しているのである。

そして、自分のしたことすべては
カルマとして自分自身に必ず返ってくる。

正登はかのこにしてしまった
暴力や暴言などのネガティブな行為が
そのカルマとして返ってきたために

今まで心の中ではとても苦しんでいたのであった。

でも正登は
ネガティブな行いをしたと感じていたので
正登なりに反省していた。

もう暴力はやめようとも思った。

このように反省をして
改善しようと意識しただけで
カルマは昇華するのである。

しかし、かのこに対して、子どもに対して
さらに女性全般に対しても

先ほどのような蔑んだ意識を強めたことは
とてもネガティブな波動を生じてしまう。

人を見下すような蔑んだ意識は
愛とはまったく反対のものであり
とても低い意識である精神的なエゴなのである。

正登はこのように
暴力や暴言を反省することで魂を向上させ
精神的エゴを増やすことで魂を下げてしまったが

結果的に正登は
このようなとても貴重な学びをしたのだった。

かのこもこの出来事の中で学んでいた。

痛みや悲しみを感じたことで
生じてしまったネガティブな波動を

正登に対して許しや慈しみの気持ちを向けたことで
ポジティブに変換することができた。

そして、今の状況の中における楽しみを見出し
「今」を楽しむことを選択した。

また1つかのこの魂を向上させるための
とてもポジティブな学びになったのだった。

この様子を同じ場で共有していた翔太も学んだ。

翔太は正登の言い分もかのこの言い分も
それぞれ一理あると思った。

このように個を認める意識は
魂向上のための高い意識である。

しかしその直後、
どちらが正しいのか悪いのかと比較した。

結論はよくわからなかたが
かのこが生意気なことを言ったのが悪いという思いが強かった。
でも、なんだか悶々としたネガティブな気持ちになった。

本来、このように他者をジャッジすることは
直前に意識した‘個を認めること’とは相反することであり
あまり意識する必要のないことなのである。

そして加奈も…
たくさんのことを学んだのであった。


☆1日1回応援ワンクリック’のご協力をよろしくお願いします!☆
  ↓    ↓

人気ブログランキングへ

☆くるみ あんずのもう1つのニックネーム‘タエヌ’のブログ
 ↓    ↓
「タエヌのスピリチュアル日記」







テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

第13話 ~パパってかわいそう…~

☆「かのこの現実」をお読みいただいている皆様へ☆
‘1日1回応援ワンクリック’のご協力をどうぞよろしくお願いします!
 ↓   ↓

人気ブログランキングへ


この日の土曜日は
正登も翔太も夕方頃には帰宅した。

とてもめずらしいことで
普段は土・日・休日も夜遅いことが多いのに
家族4人が日の暮れる前に家の中で揃っていた。

正登も翔太もこの日は悪天候のために
部活の練習を早く切り上げたのだった。

正登は帰宅してシャワーを浴びた後
めずらしくにこやかな表情をしながら
リビングにいた家族みんなに向かって
大きな声で提案をした。

「今日はみんなで夕食を外に食べに行くか!」

一瞬静まり返ったが
次に翔太の低い声が響いた。

「俺、焼き肉屋に行きたい!」

正登も嬉しそうに声をたからげて言った。

「それいいな~!よし決まった!!」

実は、この日の夕食のメニューは
加奈とかのこで考えてあったし
すでに2人で準備を進めていた。

2人は焼き芋を食べたいと意見が一致したから
雨の降る中を近所のスーパーに行って
甘そうに感じたさつまいもを選んで買い

土鍋を使ってほくほくの焼き芋を作って食べることを
とてもとても楽しみにしていた。

他にも色の濃いフレッシュな感じの
ブロッコリーやホウレンソウも手に入れて
ゆでてしたごしらえをしてあった。

かのこはゆでたてのブロッコリーを味見してみたら
独特な甘みと香りがおいしく感じて
夕食で食べるのを楽しみにしていた。

かのこは小さな声で加奈に言った。

「パパもお兄ちゃんもあんなこと言っているけどどうするの~?」
加奈も小声で眉をひそめながら答えた。

「仕方ないよね~。決まっちゃったんだもの。
久しぶりに焼き肉でも食べてみよっか。」

「ママは本当にそれでいいの~?
かのこは焼肉屋さんになんて行きたくないよ。」
小声だけど強い口調で加奈に伝えた。

しかし、加奈はまるでかのこを無視するようにして
外出する支度をするためにリビングから出ようとしていた。

次の瞬間かのこは淡々とした表情で

「どうしてかのことママには何も聞かないの?」
と、正登に向かって少し大きな声で聞いた。

「おまえらも行きたいんだろう~。
ママなんかもうすでに
外出する支度を始めようとしているじゃないか。
かのこもさっさと支度しろ~!」
正登は浮かれた気分のまま軽いノリで答えた。

「かのこは焼肉屋さんになんて行きたくないよ。
かのこの意見も少しは聞いてよ!」

そうかのこが言ったとたん
正登の表情は一変して鬼の形相に変わり
次の瞬間に手のひらでかのこの頭を強く叩いた。

「なになまいきなことを言っているんだよ。
だれの稼いだ金で飯を食わせてもらっていると思っているんだ!

全部俺のおかげなんだよ!!
パパが稼がなければおまえもママも
暮らしていけないんだよ。

そんなこと今さら言わせるんじゃねえよ!」
興奮して真っ赤な顔をしながら正登はさらに話を続けた。

「だから金をどうやって使うかは
いちいちおまえらに確認なんてする必要なんてないんだよ!
わかったらさっさと支度して車にでも乗っていろ!」

かのこは叩かれた頭がジンジンと痛いし
正登から感じる邪気でおなかは苦しいし
まったく心に響いてこない話の内容に悲しくなるし…

今にも号泣しそうだったけど
ぐっとこらえて目を伏せながら黙って歩きだし
自分の部屋の中に入った。

すぐにベッドに上がって
うずくまるようにして布団をかぶり
声をこもらせながら泣いた。

たくさんの涙が出て止まらなかったけど
泣いているうちに心の中でやさしい声が聞こえてきた。

「パパってかわいそう…。」

まるで天使の声のように聞こえたけれど
これはかのこ自身の魂から響いてきた声だと
すぐにかのこは感じてわかった。

「魂さんありがとう。」
思わずそう心の中でつぶやいたかのこは
急に心が落ち着いて体に感じた痛みや苦しみも癒え
ふ~っと体中の力が抜けて楽になった。

そのままベッドに横になり
軽く深呼吸をして目を閉じると
心の中でつぶやいた。

「パパはやっぱりかわいそう…。
ママやかのこの気持ちを考えようとすることができないし
仲良くしようという気持ちにもなれない。

自分のことを1番に考えてすぎていて
周りの人にやさしくできない…。

お金を稼ぐことがとても偉いことだと思っていて
いつもいろいろとママがパパにしてくれていることに対して
ありがとうも言えない。

とってもかわいそうなパパ…。」

かのこは正登に対して怒りをぶつけたわけでもなく
悪口や低いジャッジをしたわけでもない。

改善すべき点を見出しただけなので
とてもポジティブな受け止め方をしている。

また、‘かわいそう’と思う気持ちは
決してさげすんだネガティブな気持ちではなくて
慈しみである愛のポジティブな気持ちであるために
高い波動のポジティブなエネルギーを発する。

このようにしてかのこは
正登のしたことをポジティブに受け止め
大きな愛による
慈しみや許しの気持ちが湧きあがったことで

自らの波動を高めてネガティブなエネルギーを浄化し
いつものかのこのポジティブな波動に戻っていた。


☆「かのこの現実」を読まれてポジティブに感じた方や応援してくださる方へ☆
‘1日1回応援ワンクリック’のご協力をよろしくお願いします!
↓   ↓

人気ブログランキングへ

☆くるみ あんずのもう1つのニックネーム‘タエヌ’のブログ
 ↓    ↓
「タエヌのスピリチュアル日記」







テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

カテゴリ
プロフィール

くるみ あんず

Author:くるみ あんず
アセンションに向けて、前向きにスピリチュアルライフを歩んでいる主人公の長女「かのこ」とその母「加奈」を中心にした物語で、自作小説です。

作者のくるみ あんずは、実際にも4人の子どもを育てている父親です。我が子4人の中で、クリスタルチルドレンの色合いの濃い次女をモデルにしたのが主人公の「かのこ」です。

作者のもう1つのニックネームは‘タエヌ’と申します。ブログやホームページの運営も行っています。
  ↓  ↓
☆HP「アセンションスペースシューリエ」

☆ブログ「タエヌのスピリチュアル日記」

最新記事
アクセスカウンター
月別アーカイブ
ランキング
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。